■一刀両断!斬鉄剣■
■一刀両断!斬鉄剣■
斬鉄剣の名に相応しく、あらゆる事象をぶった斬りしていくコーナーです。

<今回のお題>
◆大塚英志 『キャラクター小説の作り方』 講談社現代新書、2003年
 角川書店から、文庫版が出版されている。

d0027393_865694.jpg


<罪>
「みるみる書ける小説入門」って書いてあるのに、
9割は「文芸批評」という書籍。
連載は角川。問題が発生し、出版は講談社。
そして文庫版となる時期には問題も冷凍されたのか再び角川という歴を辿っている。
小説書きたいなら、決して買ってはいけないシリーズ。
あとがきに
「ストーリーテリングやキャラクター作りの入門書としてもかなり実用的な書です。」
と名言しているが、
・話しの脱線が多い。
・著者の愚痴、言い訳、チョイ悪履歴、私はここまで偉いんだ発言などが多い。
・論旨がまとまっていない。主張に矛盾が。
など、実用書として読むに耐えない内容となっている。
また、小説作法を語るかと思いきや
◆ニール・D・ヒックス(浜口 幸一訳) 『ハリウッド脚本術』 フィルムアート社、2001年
の一部を紹介し、『小説家志願者にはとても役立つ』として上記書籍の購入を勧めている。
あれ?(-_-;)オマエガ語ルンジャ、ナイノカ?ソノ、ノウハウヲ。
ともあれ、その一部の紹介なのだが、それをもって大塚氏の役割は終わったらしい。
『キャラクター小説の作り方』は『ハリウッド脚本術』を紹介する本でした。
※ちなみに『ハリウッド脚本術』という本も、誤訳だらけで楽しいらしい。

もはや用途は違うのだが、
「批評本」としての価値は、そのテの人には高いらしい。
書評はこちらから。(ユニークで挑発的な文学論)







/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■おもしろ表現①
実用書でありながら、矛盾などが広がっているこのナゾ本。
ちょっと面白い内容があったので抜粋する。

-------------------------------------------
d0027393_865694.jpg

ぼくはいわゆるジュニア小説出身の作家が、ジュニア小説家時代の
過去を捨てたり、時には筆名を変えて「大人向きの小説」を書いて直木賞あたりを
狙ったりすることはとても嫌いです。
だって、その人のジュニア小説をかつて真剣によんでしまった読者の立場は
どうなるのだ、とぼくは思います。
いや、どんな雑誌に書こうがどんな名前で書こうが、
問題はそんなことではありません。

◆大塚英志 『キャラクター小説の作り方』 講談社現代新書、2003年
-------------------------------------------

続いてはコチラ↓
-------------------------------------------
d0027393_882287.jpg
「付き合う男、全部フッたって本当か?」
「なんでアンタにそんなこと言われなくちゃいけないのよ?
 何を聞いたか知らないけど、まぁいいわ。多分全部本当だから」
「ひとりくらい、まともに『付き合おう』とか思うヤツは居なかったのか?」
「全然ダメ。どいつもこいつもアホらしいほど真面目なヤツだったわ。
 宇宙人でも超能力者でも未来人でもないし…」
そりゃ普通そうだろ。
「あと、告白がほとんど電話だったの、なんなのあれ?
 そういう大事なことは、面と向かって言いなさいよ!」
「まぁそうだなぁ」
一応同意しておこう。
「そんなことはどうでもいいのよ!」

◆谷川流 『涼宮ハルヒの憂鬱』 角川スニーカー文庫、2003年
-------------------------------------------

d0027393_89062.jpg

どっちなんだよ。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


■おもしろ表現②
まだまだあるよ、おもしろ表現。

-------------------------------------------
d0027393_865694.jpg
第一講
キャラクター小説とは何か

はじめに
人はなぜ小説家になりたいのでしょうか。
実はぼくにとって一番の疑問はそれです

◆大塚英志 『キャラクター小説の作り方』 講談社現代新書、2003年
-------------------------------------------

志望動機を問う、実用書としてはまずまずの滑り出し。
面接官かよ、とツッコミたくもなる一文でもあります。
私は小説家希望ではないので、なんとも言えませんが、
大塚氏本人が、その解答実例を出してくれています。
コチラ↓
-------------------------------------------
d0027393_865694.jpg
最終講
近代文学とはキャラクター小説であった

ぼくはたまたま自分の原作コミックをノベライズ化するという企画が持ち上がった時、
せっかく作った自分のコミックを誰か他人にノベライズ化されて印税を持っていかれるのは
もったいない、というただそれだけの理由でキャラクター小説とぼくが呼ぶ分野に
足を踏み入れました。

◆大塚英志 『キャラクター小説の作り方』 講談社現代新書、2003年
-------------------------------------------

( д)゚ ゚
「一番の疑問」
d0027393_8101172.jpg

解決!

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


■おもしろ表現③
まぁ、ともかく読んで頂きたい。

-------------------------------------------
d0027393_865694.jpg
ぼくはいわゆるジュニア小説出身の作家が、ジュニア小説家時代の
過去を捨てたり、時には筆名を変えて「大人向きの小説」を書いて直木賞あたりを
狙ったりすることはとても嫌いです。
だって、その人のジュニア小説をかつて真剣によんでしまった読者の立場は
どうなるのだ、とぼくは思います。
いや、どんな雑誌に書こうがどんな名前で書こうが、
問題はそんなことではありません。
ぼくはたまたま自分の原作コミックをノベライズ化するという企画が持ち上がった時、
せっかく作った自分のコミックを誰か他人にノベライズ化されて印税を持っていかれるのは
もったいない、というただそれだけの理由でキャラクター小説とぼくが呼ぶ分野に
足を踏み入れました。


◆大塚英志 『キャラクター小説の作り方』 講談社現代新書、2003年
-------------------------------------------

①と②は、実は繋がった文章だったのです。

流れをみてみると
・ジュニア小説出身者が、その過去を捨てたりペンネームを変えて直木賞を狙うのは嫌いです。
・そのジュニア小説を愛した読者の立場はどうなるんだ!
・いやそれは問題ではありません。
・金儲けの話しをわざわざドブに捨てることはないと思い、私はジュニア小説を書きました。
・あとがき
 「ストーリーテリングやキャラクター作りの入門書としてもかなり実用的な書です。」

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

d0027393_1524283.jpg

by Zantetu_net | 2008-02-27 23:02 | Excalibur | Comments(3)
Commented by noroshi5 at 2008-03-17 09:53
 えっと、
 この本ライトノベル研究系のサイトにおすすめ資料本としてアマゾン登録されてるんだが……((((゜Д゜;))))
 批評みると読むまでもなさそうな感じだのう。
Commented by Hathha at 2008-03-20 16:57 x
おじゃましますよ(´ー`)ノ
少しだけTRPGに真面目に向き合おうとした段階の人なら、読んでも良いかも知れませんな。 一応持ってますし(/ω\)

というか、ザンテツ殿がTRPG系の記事をもっているとは
どうそ、わしの管理するHPも見て批評したってくださいな(´ー`)ノ
Commented by Zantetu_net at 2008-03-29 01:15
>のろしん
大学の講師にこういうのいるよなー的な本&教師です。
私は絶対にそんな授業は受けませんが。

>爺ちゃんへ
ご紹介ありがとー。さっそく読んでますが、すげー内容豊富なので
読む時間をくださいw
<< ■2008.03.11のバージ... ■((("◎谷◎&q... >>


斬鉄剣でざーんてーつけーん (*'-')ノ こんにゃく斬れない Zantetu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31