人気ブログランキング |


■涼宮ハルヒの約束の溜息
■約束
d0027393_1131193.gif


「約束」をクリアした。
意図せずして、バッドエンドをすべて見てから
グッドエンドを見て回るという、
ADV攻略においてもっとも効率が良い段取りで
進められた。

ゲーム内容について深くは語らないが、
ポーカーで古泉に勝てない事と
「ザ デイ オブ サジタリウス」が、割と楽しかった点は
挙げておきたい。
後、「恋のミクル伝説」作成に、
山本寛氏が大きく関わっていたのを知ったのも
大きいだろう。
なんでかって?
白石稔に多大な影響を与えているからだ。

このゲームのラストシーン、
とてつもない選択肢を迫られるが、
このゲームのSOSを上手に使った演出だったと思う。
シナリオがそうさせたのか、
システムからシナリオを考えたのかは知らないが、
よく考えたものだ。
TRPGで慣れていたので、
ただひとつの質問だけですべて分かってしまった点は
惜しまれるが。

d0027393_16251071.jpg


■不合性
少々残念な点を。
・小説版「憂鬱」のあとがき
 「一人の人間が一生涯で書くことのできる文章量は、
  その人が生れ落ちた瞬間にすでに決定されているのではないか
  と思うことがあります。」

 という冒頭があった。
 残念ながら、その意見には異を唱えざるを得ない。
 また、およそ小説家らしくないセリフである。
 可能性の拡大を閉じてしまう発言だからだ。
 だからこそ、「閉鎖空間」なるものが誕生した…とも言えるが。
 文章量に関しては…
 思考を即座に文章化する技術はまだ誕生してはいないが、
 口述筆記させるという手法もある。
 とはいえ、谷川流氏は、現実的な小説家であるようだ。
 これは悪い点ではない。
 すべては現実の中にある。
 「創作」というものも現実の中の出来事なのだ。
 「現実」を追求せずして創作出来る訳が無い。
 そういう意味では、谷川氏はあとがきの冒頭に意志を表している。
 「現実」の中で創作していこうという意志。


・溜息と約束が繋がっていない
 シャミセンをなめない方がいい。
 99%繋がっているのだが。
 残りの1%が、すべてを崩壊させている。
 思うに「京アニ」の影響があってのハルヒだった。
 らき☆すたも同様。
 原作…たいしたこと無い…のかもしれん…。
by Zantetu_net | 2008-01-14 16:25 | etc...
<< ■カンパニエ ■白石みのるのルーツ >>


斬鉄剣でざーんてーつけーん (*'-')ノ こんにゃく斬れない Zantetu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30